2017年10月08日

パソコンを廃棄する時

使わなくなったパソコンを廃棄するのは面倒なもの。
新しいパソコンを買った時に販売店に引き取ってもらえばよかったのだが
「まだ使えるから」、「データが残っているから」こんな理由でなんと無く残して置いたパソコン。
結局一回も使うこと無く 倉庫の一角でホコリを被っているだけ。
そんなパソコンが 一台、二台と増えていって・・・・・・。
何年目かの大掃除で廃棄しようとして 「データの消去は・・・」と思ったときには何台もあって・・・・。

仕方なく
「データは責任を持って消去します。」という業者に有料でで引き取ってもらう。
昨年 ある学校で業者に廃棄を依頼したパソコンのHDDが秋葉原で中古で売られて 生徒の名簿が復旧できたとか?
まあ こんな業者は言語道断ですが このケースでは学校側もデータに対する配慮が必要だったのではないでしょうか?

完全ではないにしても 自分でデータの消去は可能です。
例えば各メーカーはデータ消去ソフトを用意しています。
http://www.pc3r.jp/common/dataerase_program.html

ただし 完全に消去するためには通常のOS(Windows)から起動することは出来ません。
※誤操作防止の為 自分自身(OS)を消去することは出来ないからです。

その為 フロッピードライブやCDドライブが必要だったりします。

メーカー製以外のフリーソフトもありますから ”データ消去 フリー”で検索してみて下さい。
やり方も検索すると出てきます。

「そんなこと 難しくてできない。」という方は少なくとも 中のデータを消去して ゴミ箱を空にしておきましょう。
この場合 データ復旧ソフトを掛けられると データは復活してしまいますが
たまたま 誰かに見られても一見データが無いように見えます。

わざわざ データ復旧ソフトを掛けてみようと思うような人はそういません。

ただこれは 最低限やっておこう と言うだけで 悪意や興味本位でデータを復旧しようとする人には通用しません。
業務上 絶対漏れては行けないデータが入っているなら データ消去ソフト使うか HDDを取り外して物理的に破壊することしかありません。

責任を持って処理してくれる業者を見つけることが最善かもしれません。
posted by sugi at 23:33| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年10月07日

ビデオは撮りっぱなし?

少し古い話になるが 家庭用ビデオカメラが出始めた頃 記録メディアはテープだった。
VHS-Cだとか8mmビデオとか等の規格だった。
そのうちテープのままデジタル化されたが そのうちHDDが記録媒体にとって変わった。
DVDビデオなどというのも有ったが主流にはなり得なかった。
そして現在の主流はメモリーになった。

テープの頃は録画時間も短かった事もあり 新しく撮影する度にテープを入れ替えるのは当たり前だった。

HDDの頃から撮りっぱなしが当たり前になって外部に保存することは少なくなった。
現在のメモリータイプも内蔵メモリーが大きいことも有り撮りっぱなしの人が多い。

である日突然メモリーにアクセスできなくなって大慌てで 買った量販店に持ち込むが「修理はできますがデータは消えます」と言われ
私共のようなデータ復旧業者に電話する羽目になる。

もしこのブログを読んでいる方で撮りっぱなしの人がいたら 急いでバックアップ(パソコンへデータを移す)を取りましょう。


また SDカードを使っている方も必ずバックアップを取りましょう。

ビデオのメモリーは永久にデータが保存できるわけではありません。

メモリは原理的に案外 寿命が短く また外的要因で簡単に壊れます。
video.jpg
posted by sugi at 23:50| Comment(0) | データ復旧

2017年10月06日

75-300の望遠レンズを買った

「今度 富士6時間耐久レースに行くんだけど 望遠レンズ無い?サーキットの中結構距離有るからできるだけ長い望遠がいいなだけど。」
今手持ちで一番望遠が聞くレンズは200mm。
どうやらこれでは少し足りないようだ。
「そういったって 今これしかないから。」
望遠レンズと言ってもなかなか高いし、今買うのもな?

ふと思い立って ハードオフを覗いてみた。
有る有る ジャンクボックスの中に Canon EFレンズ EF75-300mm F4-5.6 IIが転がっている。

値段を見ると\540-
古いレンズだが当時定価は4,5万円したはず。

「これなんでこんな安いの?全く動作しないから?」
店の人に聞いてみた。
「ああそれですか。ノーチェックです。皆さん自分のカメラ持ってきてテストしてますよ。」

早速翌日(機能) カメラを持っていってみた。
60Dに取り付けて覗いてみると なんだか白っぽく見える。
どうやらAFはは機能しているようだ。

レンズをよく見ると表面が汚れている。

一瞬迷ったが まあ540円 駄目でもまああきらめがつくか。

買った。
その足でカメラのキタムラ入ってレンズクリーナーとレンズペンを買ってきた。

帰ってきてよく見るとどうやら手の脂肪が付いたまま固まってしまったようでレンズクリーナーで丁寧に時間を掛けてレンズを拭き続けるとマシになってきたようにみえる。
※ゴシゴシ 力任せは駄目ですよ。

なんとか使えそうだ。

外観もちょっと拭いてやるとキレイになった。
lense2.jpg
ただ 内部にカビも有るようだ。
ネットを見ると同じようなジャンクレンズを買ってきて直して使っている人もいるようだ。
lense.jpg
まあ 540円だし そのうち分解して内部も掃除してみよう。
posted by sugi at 20:52| Comment(0) | 日記
検索ボックス