2018年01月08日

BOSS CE-1コーラスアンサンブルBBD修理

BOSS CE-1の修理依頼が来た。
「少し音が歪む」との事。
ce-1.jpg
到着して試奏してみると なんとなくおかしい。
追いかけていくと どうやらCE-1が使用している松下製BBD(バケット・ブリゲード・デバイス)MN3002が不良のようだ。
BBDとは直列のコンデンサーに電荷を次々移動することで信号の遅れを作り出す素子のこと。
MN3002は512段(ステージ)のコンデンサーを内部に持っている。
3002.jpg
で修理するためにはこのBBDを交換しなければならない。
ところが この素子は日本中捜してもどこにも在庫がない!つまり CE-1のBBDが壊れると もはや修理は不可能なのだ。
もし どうしても修理しようとするとMN3002を搭載している機器(CE-1)を探し出してきて 取り外して使用しなければならない。

はてさて どうしようか?
ふと気がついて 手持ちのICを捜してみると、MN3001が何個かある。
これは MN3002が2個パッケージングされているもの。(512段×2=1,024段)
ICの形状、ピンは一緒。
これの半分を使えれば良い。

ピン配列を調べるとそのまま行けそうだ。

という事でMN3001を代用することで修理完了。
幸いほぼ同じ時期のBBDだったので ほぼ同じ音で修理できたようだ。

今回は3001代用で修理ができたがMN3001も市場には全く無い。
うちの手持ち分が無くなると修理はほぼ不可能。

CE-1でお困りの方は 早めに連絡ください。
posted by sugi at 19:23| Comment(0) | 電子楽器

2018年01月07日

復旧できなかったSDメモリーと成人式

他の業者のホームページやブログを見ると「復旧できました・・・・・」という記述ばかりなのだが おくやま電脳工房のブログは「出来ませんでした。」というのが多い。
いつも書いているがデータ復旧はすべての案件が復旧できるわけでなく 物理的に どうしても無理 というものも結構多い。

今回のSDメモリーは 内部が一体型でそのモジュールに外部から力が加わり内部で断線しているようでインターフェースからメモリー本体にアクセス出来ない。
少し古いタイプのSDメモリーなら基盤があってそれにメモリーチップが載っているため リワーク(ハンダを工業用ドライヤーで熱して取り外す)することによりメモリーチップから直接読み出せることが有る。
ところが今回のような一体型の場合 内部で断線するとメモリーにアクセスが出来なくなる。
今回もなんとかワイヤリング出来ないか試行してみたが 流石に細かすぎて人間の手では繋ぐことはできなかった。

というわけで 復旧不能が一件増えた。

午後 散歩に出てみると成人式をやっていた。
知り合いの娘さんが振り袖で。
馬子にも衣装・・・・・本人にはとても言えない。
IMG_4888.JPG
posted by sugi at 16:58| Comment(0) | データ復旧

2018年01月06日

1月ももう6日

年末からちょっとバタバタしていたらブログが止まってしまっていた。
もう6日だ。

今年はデータ復旧はもちろんだが 地元のITのレベルを上げることに注力したい。
と言うと カッコイイが 地元でパソコン スマホで困っている人の手助けになればと思っている。
それに拠って 売上を安定させることも狙っている。

静岡県/小規模企業経営力向上事業費補助金を昨年申請し受けられることが決定した。
地元向けのホームページの作成、ユーザー管理用のデータベースの構築を行う。

他にも色々やらなければならないことがあるが 一つ一つ確実にやっていこう。
posted by sugi at 00:01| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス