2017年07月26日

200MBのハードディスク

200MBのハードディスクが持ち込まれた。
今時200GBのHDDも珍しいのに、その1000分の1 200MBです。
パソコン本体はPC-9821。
OSはMS-DOS。
hdd200mb.jpg
どうしてもこの機種(OS)上でしか動かないソフトが有るので 使っているとの事。
万一このパソコンにトラブルが発生すると 工場の機械を動かせなるとのことで 「なんとかして欲しい。」とのご依頼。
とりあえず 手持ちの一番小さいHDDにクローニング。(それでも30GB)
まず予備HDDが作れたのとディスクイメージを採れたので 一安心。

たしかこの頃のパソコンには4.3GBの壁があったはず。
※4.3GBを超えるHDDは扱えない(認識しない)

とは言うものの 200MB HDDのクローニングなので BIOSを騙せるかもしれない。
とりあえず 「テストしてみよう。」ということになった。

これが駄目でも 現在 他の案件でテスト中のVMwear上で稼働させることと、CF(コンパクトフラッシュ)との置き換えも可能性はある。
cf-ide.jpg
これらは今後の課題(テスト続行)。
posted by sugi at 19:16| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年07月25日

デジカメからのデータ転送はどのやり方が良いか?

最近のスマホはカメラの性能が良くなり いわゆるコンデジを持ち歩く人は少なくなっているようです。
コンパクトデジタルカメラの市場は小さくなってしまっているようで スマホでなければ一眼レフ というのが現実ではないでしょうか?

一眼レフに限らず カメラからパソコンにデータをどのようにして移していますか?

おそらく メモリーカードを取り出し カードリーダーで読むか カメラにUSBケーブルを接続し直接読み出すかの どちらかの方法だと思います。
(Wi-Fiで転送という方もいるかもしれません。)

ここは メモリーカードをカメラから取り出さないで USBケーブル経由でデータ転送することをお勧めします。

理由は

メモリーカード自体が物理的に脆弱 且つ静電気に弱いことです。

できるだけメモリーカード(CF SDを問わず)には直接手を触れないこと。

「えっ 撮りっぱなしでカメラ内にしかデータがない!」
論外です。
いつ大事なすべてのデータを無くすかもしれません。
canon60d.jpg
7月23日浜松アリーナで行われた ダンススポーツグランプリin静岡
dance2017.jpg
posted by sugi at 23:25| Comment(0) | メモリー

2017年07月24日

データ復旧のお問い合わせいただく方へ

日々 様々なお問い合わせをいただいております。
データや HDDの復旧のことでお悩みの方は多いようです。

基本的に データ復旧に関することは なんでもお問い合わせ頂いて結構です。
(復旧するしないにかかわらず)

ただひとつお願いがあります。

それは お問合わせのメールのタイトルに 必ず”レスキュー”の文字を入れてください。
おくやま電王工房はメールアドレスを公開しているため スパムメールが毎日大量(数百通以上)に来ます。
フィルターやルールでメールを分類して ご依頼やおといあわせのメールを見落とさないようにしておりますが、”データ復旧”や”レスキュー”の文字が入っていないと分類されません。
特に問い合わせの場合 「(復旧依頼するかどうかわからないし)ちょっと聞いてみよう」、「問い合わせだけだから」という心理が働くせいか タイトルにこれらの文字を入れない方が結構いらっしゃいます。
問い合わせだけでも構いません。何件かの問い合わせメールの中からご依頼に繋がるのですから。

今日も そんなメールを見つけました。
あわや見逃すところでした。
タイトルには 必ず 「レスキュー」文字を入れたください。
遠慮なく!
posted by sugi at 14:35| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス