2017年10月11日

アルニコマグネットのスピーカー

先日修理依頼があったFenderBassman。
ギタリストならご存知だろうが もともとベースアンプだったがギターにマッチしたためギタリストがこぞって使った代物。

今回修理依頼を受けたのは復刻版だが。
ちょっと驚いたのが スピーカー。

アルニコマグネットなのだ。
確かに復刻版だからアルニコにこだわっているのはわかるが最近とんと見かけない形状だ。
Al-Ni-Co.jpg
こだわる人に言わせると「アルニコの方が音が良い。」のだそうだ。

アルニコに対して最近のスピーカーに使われているのがフェライト・マグネット。
こちらのほうがマグネットが大きくて見栄えが良い。
マグネットが大きいのはアルニコに比べ磁力が弱いため 強い磁力を得ようとすると大きくせざるを得ない。
結果スピーカーの重量が重くなる。
更に問題なのは アルニコを使用したスピーカーは高価なのだ。
平均するとフェライトマグネットのものの二倍以上する。

それでも拘る人はアルニコを選ぶようだ。
確かに今回修理したBassmanクリアな良い音をしている。
posted by sugi at 19:23| Comment(0) | 電子楽器

2017年10月10日

パソコンやデータは壊れるように出来ています

そもそも信頼性などという言葉は”壊れる”からあるのです。
機械が全く壊れないなら信頼性などという概念はだれも思いつかないでしょうから。

今まで普通に使えていたデータが有る日突然使えなくなる。
それも前触れもなく。

こんなことはしょっちゅう起きています。

「長年パソコンを使っているけそんなことはない!パソコンは簡単に壊れない。」

はい あなたは幸運なだけです。
こんな人に限って パソコンが起動しなくなったり、データが読めなくなった途端パニックになります。
何人もこんな人を見てきました。

このブログでも何度かハードディスクやメモリーの根本的な問題点を書いていますが、これらは壊れないほうが不思議なのです。
「今動いているだけで丸儲け」ぐらいに考えて下さい。

もちろん何もなければそれに越したことはありません。

何千回 いや何万回に一回起こるから厄介のなのです。

何度でも言います。
今すぐバックアップを取りましょう。
そしてデータ復旧なんかに頼らないようにしましょう。
posted by sugi at 23:45| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年10月09日

OSはクリーンインストールが基本

一昨年 ”強制的に”Windows10にアップデートした人も多いと思う。
中には 自分のパソコンがWindows10になっているのに気が付かず使い続けた と言う ウソのような話もある。

さて この場合 当然Windows7もしくは8がインストールされているパソコンに対してWindows10が上書きインストールされたのだ。

Windows10になってパソコンが不調になって苦労した方も多いだろう。

これはそのパソコン自体がWindows10に完全に対応していなかった場合も多いようだが もう一つの原因は今入っているWindowsに上書きするかたちでインストールされてしまった事も大きな要因。

Windowsをインストールする場合は クリーンインストールが鉄則。
幾らMicroSoftが上書きインストールを勧めても決してやらないで下さい。

もちろん中にはうまくいくことも有りますが 多くの場合 前の環境を引き摺ることになり トラブルの可能性が多くなります。
posted by sugi at 23:33| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス