2017年06月08日

USBメモリーの(物理的)問題点

メモリーカードのデータ復旧を行ったので USBメモリーの問題点と取り扱いの注意点を上げてみる。
今回ご依頼いただいたUSBメモリーのデータ復旧は落下のショックでメモリーチップが外れるという製造上の(言語道断な)問題だったがUSBメモリーは実は結構物理的に問題がある構造をしている。
一般にメモリー可動部分がなく手軽なので安全と思われているが意外にも構造的な問題を抱えている。

一番問題なのはUSBプラグの構造。
USBのプラグは力を加えてしまうとテコの原理で数倍の力(力点、支点、作用点の距離で)がかかる。
その為 基板上にはんだ付けされているPINがプリント基板のパターンを引きちぎってしまうことがある。
そうなるとプリントパターンが複雑な為 再度ハンダ付けして修理することが出来ない。

メモリーチップを取り外して同型のUSBメモリーの基盤に載せ替えるか それが出来なければジグを作成し情報抽出した上でデータの整合を図らなければならし。
この作業は工数が多く 作業費用も高額になります。

これは前に復旧の依頼を受けたもので見事にプリントパターンを引きちぎっています。
usbrepair.jpg
メモリーについては構造以外にも原理的(根本的)な問題も有り データの安全のために過信しないほうが良いでしょう。
posted by sugi at 14:06| Comment(0) | メモリー

2017年06月07日

USBメモリーからのデータ抽出(USBハンダゴテ!?)

少し前に書いた ポケットから落としただけでメモリーチップが外れてしまったUSBメモリー。
ようやくデータの抽出ができました。

チップが外れただけで大きな障害はないだろうと見当はつけていたのですが、外れたチップからどうしてデータを吸い出すかが問題。

元の基板も有るわけなので それに似せればよいのだが 現実的に直接ハンダ付けすることは不可能。
仕方なくリード線と省電力のハンダゴテを用意してメモリーチップと基盤を接続。
ハンダの件も前に書いたと思うが これはなかなか技術を要する作業。
特に今回はピン間が狭いので面倒。

あまり大きなワット数のものは大きな熱量をチップに加えてしまうので良くない。
小電力(熱量)のハンダゴテを捜していたら ありました。USB接続のハンダゴテ。様々なメーカから出ていて何種類もある。!
上海問屋から出ているものを近くのドスパラで買ってきた。税込み1,599円。ハンダゴテなど安いものなら千円以下だから高いのか安いのか?
Soldering_iron.jpg
実際使ってみるとこれが意外に使える。
早速作業にかかった。しかしなかなか難しい。特にグランド端子はパターンの面積が広いためUSBハンダゴテでは熱が逃げてしまいうまく付かない。
仕方なく ここだけは30W(100V)のコテを使用。

ピン間が狭いため隣にタッチしていないか、確実についているか何度もトライを繰り返した。
その結果が これ。
usbmemory.jpg
幸いシステム的にはほとんど問題が無かったので無事データの抽出成功。

最近 ハンダ付けを自分ではやっていなかったもので苦労した。
細かいものが見えにくくなってきているしね。 ^^;
posted by sugi at 19:47| Comment(0) | データ復旧

2017年06月06日

iPhoneのMAP

2012年9月 iOSが6にバージョンアップされるととも標準の地図アプリケーションがGoogleMapからApple自社製のMapに切り替えられた。
しかしアプリそのものの完成度が低く 更に地図データは十分検証されないまま使用されたため”パチンコガンダム駅”など おかしな表記が話題となったものだ。
またオーストラリアのある地点は実際の場所から70Kmも離れた砂漠の中に表示され 実際にドライバーが救助を求めたという話もあった。

それらを受け
”アップルCEOのティム・クックは、地図アプリケーションについて公式サイトで謝罪すると共に、アップルが地図を改善するまで、iOS 6ユーザーにGoogle マップなど「サードパーティー製の地図アプリケーションを使用することを提案する」”
と述べた。(Wikiより転記)

私自身も使ってみて その未完成さに呆れて使用をやめ それ以来GoogleMapを使ってきた。
お使いの方はお分かりだと思うが ナビ機能も充実しており 実際に専用のカーナビと併用している。
また昨年(?だったか)Yahooカーナビも登場。これも当初は地図やナビ機能が良くない印象があったが、最近は洗練されてきて使い勝手もよく 比較の意味もあってたまに使ってみている。
渋滞情報が提供されている。又最近気がついたのだが ”運転力診断”がついておりONにしておくと 到着後に運転を評価してくれる。

さて 話をiPhone純正のMapに戻す。
知り合いのところに行くのに迷路がうろ覚えだったので 電話帳から住所を確認 そのまま住所をタップするとMapに切り替わった。(純正だから当たり前だが)imap1.PNG
更に 経路のボタンが表示されその下に所要時間の予測が表示される。
そのまま経路にタッチすると経路の全体が表示され 出発にタッチするとのそのままナビになる。imap2.PNG

つまりアプリがシームレスにつながっているわけだ。標準アプリだから当たり前と言ってしまえばそれまでだが GoogleMapだとその間何回かの操作が入る。
実際に使ってみても ナビとしても優秀で特に問題はなさそうだ。
わざわざGoogleMapを立ち上げて(これはこれで音声認識が非常に便利なのだが)使うこともない。

しばらくテストの意味も兼ね(標準の)Mapを使ってみよう。
posted by sugi at 18:01| Comment(0) | iPhone
検索ボックス