2018年07月13日

トドメを刺す

「ちょっと伺いたいんですが。safubootなんですが。」
昨日 新潟県上越市から電話をいただきました。
大手通信機器メーカーさんのグループ会社のようだ。
「実はやってはいけないことをやってしまいまして。」
「どうしました?」
「MBRを修復してしまったんです。」
「ためですね。復旧できません。」
「実はいろいろな業者さんに電話をして聞いてみたんですが、『キーファイルが有れば復旧できる』というところと、『だめだ』という業者があって本当にだめなのか決断がつかないんです。
御社のホームページ、ブログ読みました。どうやらだめらしいとう言うことは分かっていますが どうしようもないもんなんでしょうか?」
「Safebootやsecuredocのようなタイプの暗号化ソフトはユニークなブートレコードを持っており、それがわからなくなると決して復旧はできません。
この状況で『キーファイルが・・・』というのは意味がありません。おそらくその業者さんは暗号化されたものを扱ったことがないでしょうね。」
「要するに 駄目なら駄目で 諦めがつけたいんです。」
「わかりまた。はっきりいいましょう。復旧できません。」
「わかりました。これで諦めがつきます。商売にならなくて申し訳ありません。ありがとうございます。」
「また何かお困りのことがあれば まず私どもに連絡ください。」
「そうします。」

どうも最後におくやま電脳工房に連絡してきて”諦める”というパターンが良くあります。
最初に連絡をくれればなんとかなったケースもあります。
そのためにも SEOをもっと頑張って検索結果でおくやま電脳工房が上位に来るようにしなければならない。

しかし だめなものをだめとお客様に納得させられない業者ってなんなんだろうと思う。
posted by sugi at 15:25| Comment(0) | データ復旧

2018年07月12日

インターネット時刻同期

メインで使っているPCが起動しなくなった。
メインと言っても私の机の前にある液晶に表示させているコンピュータという程度の意味。
というのは 事務所では作業ごとにPCを割り当てているので実質的にはあまり困ることはないのだが。
今日も伝票を発行しなければならなかったが 隣の雪乃のコンピュータを借りて伝票発行用のPCにリモートログインし発行できた。

とりあえず仕事は進んでいるのだが 流石にメインのPCが動かないのはまずい。
どうやら夜中に勝手にWindowsがバックアップされてしまったことが原因のようだ。
自動アップデートは止めてあったはずなのだが 今更そんなことを言っても仕方がない、なんとか復旧させなくては。
問題はないだろうと思ったがついでに筐体を開けて ホコリ掃除、内蔵バッテリー(CR2032)も交換、念の為CPUとヒートシンクの間のグリスも塗り直しておいた。
復旧は何度かやり直したが どうやら 無事起動。(半日がかり)

さて起動してみると時間があっていない。
内蔵バッテリーを交換したのだから当たり前だが 2099年になっていてソフトによってはまともに起動しない。
インターネット時刻と同期を取ろうとしたがエラーになる。
通常同期はtime.windows.comがデフォルトなのだが同期できない。それ以外の3つのサーバーとも同期しない。
少し調べてみるとやはり同期できないケースが有るようだ。
ネット上の情報から 以下のNTPサーバー変えてみるとあっさり同期が取れた。
備忘録の意味も兼ねてブログに上げておく。

インターネット時刻サーバーとの同期がうまくいかない場合 試してみてほしい。


1.立行政法人情報通信研究機構(NICT) の公開NTPサーバー
  NTPサーバーアドレス1:ntp.nict.jp

2.インターネットマルチフィード(MFEED) 時刻情報提供サービス for Public
  NTPサーバーアドレス1:ntp1.jst.mfeed.ad.jp
  NTPサーバーアドレス2:ntp2.jst.mfeed.ad.jp
  NTPサーバーアドレス3:ntp3.jst.mfeed.ad.jp
posted by sugi at 17:16| Comment(0) | パソコン基礎知識

2018年06月27日

マウントしないHDDについて(Mac)

データ復旧のご依頼をいただく中で案外Mac関連が多いです。
最近のMac自体のシエアは10%前後。
実は調べて私自身が驚きましいた。Macなどせいぜい5%ぐらいと思っていたものですから。
いくつかの統計を見ても同じような数字が出ていますから 多分正しい数字なのでしょう。

さて本題
Macの外付けHDDで一番多いのは特に理由もないのに「突然認識しなくなった。」という症状です。
Macの場合 Windowsのように「ここまでは認識するがここからだめ」とか それ自体(MacOS)ではなかなか調査ができません。
FastAidで改善しなければおわり。
言ってしまえば 「認識する」か「認識しない」かだけなのです。
そのため Macで認識しない、マウントしない が発生するとそれ以上追求のしようがないのが現状です。

どうも Macのファイルシステム上のちょっとした不具合でいきなり認識しなくなるようです。

「さてどうしよう?」
「私どもデータ復旧業者にご依頼ください。」
と言いたいところなのですが、自分で簡単にデータを読み出せる場合があるのです。

その方法とは
Windowsを使うこと。
「Windowsでhfs+読めないじゃん。」
と思われる方 正解です。
そのままではだめ。
”Paragon HFS+ for Windows ”を使うのです。
このソフト ありがたいことに読み出すだけなら個人使用に限りフリーなのです。
https://www.paragon-software.com/jp/free/hfsplus-win8dl.html?agreement=on

本来このソフトはwindowsからhfs+(Macフォーマット)を読むためのものですが、MacでマウントできないHDDをあっさり読み出してしまうことがあるのです。
というより WindowsはMacのHDDを認識するのでそれさえできれば読み出しは難しくないのです。

マウントできないHDDをお持ちで困ったいる方 一度試してみる価値はあります。
これでも読めない場合は 私どもにご依頼ください。
posted by sugi at 11:01| Comment(0) | Mac
検索ボックス