2017年10月16日

アラジンストーブの修理屋さん

アラジンの石油ストーブを愛用している。
と言うより ファンヒータがどうも性に合わなくて ここ20年近くアラジンの対流式石油ストーブしか使っていない。

ほんのりと部屋全体を温めてくれて 意外に強力。
うちの猫もお気に入りだ。

しかも きちんと手入れさえすれば何十年も使える。

ありがたいことに近くにアラジンのストーブを専門に見てくれる方がいて一昨年 30年以上前のアラジンをオーバーホールしてもらった。
パーツを交換してもらって(主要部品は新品で手に入る)無いものは手持ちのパーツを工夫してつけてもらった。
お陰で 外見は汚いが ブルーフレームが復活した。
aradin.jpg
古いアラジンを使っている方「どうもきれいな青い火が出なくなった」思う方は 連絡を取って言ってみると良い。

工房Rancho 戸塚さん
053-587-5919(自宅と共用)
090-1474-9372
〒434-0045
浜松市浜北区内野4831-8
※掲載にあたってはご本人の承諾を得てあります。
posted by sugi at 18:59| Comment(0) | 日記

2017年10月13日

水売れHDD

少し前の話だが
「突然ノートPCが起動しなくなった。」
といって持ち込まれたケース。
どうもHDDが水に濡れたことがあるようだ。

「水に濡らしたり、水を溢した覚えはない。」
とのことだが HDDの状態を見ると明らかに水分が浸透している。

基盤の状態を見るとコネクター周りが錆びており絶縁シートにシミができ波打っている。
昨日今日の水濡れではなさそう。
board_water.jpg
board_conecter.jpg
またこのコネクタのサビが原因となり ファイルシステムに重大な損傷が発生していた。

想像だが 窓際に置かれていたため 振り込んだ雨が内部に浸透したのではないか。
その時は 動作していたが 徐々にサビが進行し ある日突然の起動不良となって顕在化したようだ。

パソコンを置く場所はよく考え 不測の事態が起こらないよう気をつけてください。
posted by sugi at 18:35| Comment(0) | データ復旧

2017年10月12日

諦めきれない思い出のデータを復旧したい

ある日突然 子供の幼い頃の動画が入っているパソコンが壊れた!
そのパソコンにしか 幼いころの動画は残っていない!

一度 データ復旧に出したが 「ヘッド不良で復旧不能」 と言われた。

戻ってきたHDDは心残りでそのまま残してるが・・・・・・

最近もこんな方からのデータ復旧のお問合わせが有りました。
お話を聞いていて見ると 数年間捨てるに捨てられず大切に保管されていたとか。
HDDは開封されているようですが 作業した業者を聞いていみると どう考えても開封作業ができる設備を持っていないはず。

長年この業界にいると同業者の作業内容、設備はだいたい把握できます。
自社の設備で出来なければ設備を持っている外部業者に委託することも出来るはず。

私共で何でも復旧できるとは決して申しません。
※何度も書いているように現実的な復旧可能性を考えるととてもそんなことはいえません。

データ復旧業者に取って最も重要なのは 何処までやってよいのか、これ以上はやるとまずい の切り分けができること。
今回お問い合わせ頂いた件で問題なのはクリーン環境がないにも関わらず「とりあえず開けてみた」こと。
もちろんこの業者が通常空間で開封して結果 復旧できたケースは一件もないはず。
単にHDD内部が汚染されるだけでなく 開封して何をしてよいか分かっていないからです。
それでも 開封作業を続ける業者とは一体何を考えているのでしょう。

開封しても それだけで奇跡的に復旧できる事はありません。

開封はあくまでその後行う復旧作業のための一プロセスであり、開封そのものはデータ復旧の技術では無いのです。

今回お問い合せ頂いた方には
「復旧できるかもしれませんが、やってみなければわかりません。開封されているため可能性は低いと思いますよ。費用もかかりますし あまり復旧をおすすめできません。」
とお伝えしました。
「何年も 悩み続けて来ました。やってみて下さい。おくやま電脳工房でダメなら諦めます。」
今までもお客様のご相談を受けていると 最終的にこう言われる方がいます。
今回も 結局送られてきました。

確かに開封痕が有ります。

現在作業中です、なんとか復旧できると良いのですが。
open_hdd.jpg
posted by sugi at 12:38| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス