2017年08月11日

スズキファンライドフェスタ デイトナ



この前の日曜日(8月6日)デイトナのコースで行われた スズキファンライドフェスタに息子と行ってきました。
ご承知かとは思いますが これはスズキ主催の新型車試乗会、全国で行われています。

実は7月にスパ西浦サーキットで行われたファンライドフェスタには参加して何台か乗って来たのですが 乗りきれなかった機種と確認したい機種があり再度参加してきました。

結果 一番気に入ってのはGSX-S750 いわゆるストリートファイター(ネイキッドの一種)。
同じシリーズで1,000ccのGSX-S1000もあるのですが やはり750の方がバランスが良さそう。
何と言っても 公道である程度は全開が可能な事。
1000になると ほとんど公道上では(スロットルを)全開できません。(クローズドサーキットでなければ全開は無理がある)
やはりバイクの楽しみの一つは全開!

どうも大型免許(昔の限定解除)が出来てから大型を取った人は「どうせ乗るなら」と いきなりリッターバイク(1000ccクラス)を買ってしまうことが多いようです。
何人か そんな人を知っていますが 中には持て余して バイクから降りてしまった人やアクセルを開けられなくてバイクを楽しめない人もいます。

750cc(いわゆるナナハン)に乗りこなす事が簡単とは言いませんが なんとか日本の路上で楽しめる上限ではないでしょうか?

試乗会で1000ccと乗り比べて 改めてそう思いました。

GSX-S750欲しいバイクの候補の一つになりました。
suzuki.jpg
posted by sugi at 22:28| Comment(0) | 日記

2017年08月09日

メモリーカードを踏んだ!

昨日持ち込まれたSDメディア。
「無くなったので探していたら翌日落ちているのが見つかった。パソコンで読めない。」

よく見ると何かで踏まれた形跡があり プラスチックが割れている。

僅かな傷のように見えるが実はこれは結構厄介なケース。
多くの場合 内部で断線している。

実際に調査してみると全くメモリーにアクセス出来ない。
何処かで断線しているようだ。

さてこうなると厄介なのがメモリー。
一見プラスチックの板のように見えて丈夫そうだが 実は薄いプラスチックを貼り合わせてあり 中には薄い基盤が入っている。

ちょっとした力を加えると 内部で基盤が折れ断線する。
そうなると 内部の構造にもよるが データ復旧は極めて困難になる。
※何が大変かはおいおい説明する。(様々なケースがあるので長くなる)

本件 そうしても必要なデータとのことで 次の段階に進むことに。
なんとかなればよいが。
sd.jpg
posted by sugi at 00:46| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年08月05日

FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心

パソコンだけではなく 外付けのHDD 特にNAS等には安価な機種でもファンが内蔵されるようになってきました。
長時間通電による熱の蓄積が問題となることにメーカーが気がついた結果だと思う。


しかしそれはそれで別の問題が発生する。
ファンによる空気の吸い込みは当然ホコリをも吸い込む。

それがファンや空気取り入れ口に付着することによりエアフローが阻害され それを当てにしている内部の冷却ができなくなってしまう。

特に気温が急に高くなると内部の温度=HDDの温度が高くなり 障害が発生しやすくなります。
HDDの温度が55度を越すと急激に寿命が短くなると言われています。(ネットを探したが明確なソースは見当たらず)

単体のHDDはパソコンと違って 壊れる前兆がわかりづらいので特に注意が必要です。
時々は見て 掃除をしておきましょう。

確実なバックアップをとることはお約束です。
hdd-dust.jpg
posted by sugi at 16:25| Comment(0) | パソコンの故障
検索ボックス