2017年06月15日

「銀行口座を教えてください。」

データ復旧が可能であることを報告したお客様から電話。
通常はほぼメールのやり取りで用が足りているが たまに電話で連絡いただくことが有る。
このお客様 4月の初めにデータ復旧のご依頼をいただき 簡易レベルでの復旧ができずラボでの作業に移っていた。
大事なデータということでメール以外に何度か電話でも確認・お問い合わせを頂いていた。

こんなに長くかかったのは 障害が広範囲に渡るプラッタースクラッチでデータの安全な抽出のためにはドナーディスクが必要であり、
また このHDDのロットは希少で入手にてまどったため。

結果的には適合ドナーを入手したことによりほぼデータの復旧ができたようだ。
今回のケースは ドナーを入手しないで強引に作業を行っていたら これだけのデータが復旧できたかどうか疑問。
他社で「復旧不能」と言われたHDDを「本当に復旧の可能性がないかみてほしい。」というご依頼をいただくことが有る。
無理な(無知な)作業で明らかに症状が悪化したと思われる案件も有った。

電話を切ってから お見積書を作成しようとして 改めて見直してみると会社名になんとなく見覚えがある。
その会社は全国的に有名な一部上場企業であるから当然社名は知っているのだが なんとなく覚えがある。
復旧管理用データベースで検索してみると2013年に暗号化PCからのデータ復旧のご依頼を頂いており 無事復旧できている。
しかも 今回 同じ事業所の異なる部署からだった。
この会社さま全国に多数の事業所が有るのに 同じ事業所からというのも何かのご縁か。

銀行口座をお知らせすると共に 過去にお取引が有ったことをお伝えしておいた。
社内の手続きが完了次第 復旧させていただくことになった。
toshiba-hitachi.jpg
posted by sugi at 01:04| Comment(0) | データ復旧

2017年06月14日

やっぱり中はホコリだらけだった----FAN付きHDD(温度チェック)

昨日 届いたデータ復旧ご依頼のIOデータの3.5インチ外付けUSBハードディスク。
筐体を開けてみると ご覧の通り内部はホコリまみれ。
幸いワタボコリはほとんど無く通風口を塞いではいなかったので温度上昇によるトラブルではなかったようだ。
hdd_fan.jpg
このHDDは冷却用のFANを内蔵しており熱に対しては比較的強いのだがその反面 ホコリを吸い込むという弱点がある。
また逆に 消音を謳った外付けHDDはFANを内蔵しておらずこれからの時期内部の温度が上がりやすい。
一般の人は外付けHDDのケースを開けることなどまず無い また温度に関しても無頓着だし 温度を測ることなど考えもしないだろう。
実はHDDは温度センサーを持っているのでソフトで温度を計測することが出来る。
フリーソフトであり 温度以外の状態も表示できるので インストールしてHDDの状態をチェックしておくのはトラブルを未然に防止する良い方法だ。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

crystaldiskinfo.jpg
posted by sugi at 12:48| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年06月13日

CB750、Z1、カタナ 旧車に乗ってきた ダンロップツーリングステーション2017 in 浜名湖

6月10日、11日両日、ダンロップツーリングステーション2017 in 浜名湖ガーデンパークがあった。
ダンロップが全国で開催しているライダーミーティングで面白そうだったので11日 日曜日に行ってみた。
予定ルートを間違えて少々遠回り。9時過ぎに会場到着。

まあ何かバイクの試乗も出来るかもしれないと期待はしていてのだが 行ってみて驚いた。なんと絶版旧車の試乗ができるのだ。
バイク買取で有名な「バイク王」が主催している「バイク王 絶版車試乗会」。
ネット上で絶版車試乗会が何処かであった事は知っていたが こんなかたちで行われているとは。
カワサキZ1、ホンダCB750K0(若干パーツは変わっているようだが)、スズキ カタナ1100、カワサキ マッハ3、ホンダNSR250の五台。
なんと贅沢な!
old-bike1.jpg
早速 試乗を申し込む。
とりあえずカワサキZ1に乗ってみた。
20年ぐらい前に友人のZ1に運転させてもらったことはあったがその当時の感覚は忘れている。
testride-z1.jpg
チョットドキドキしながら先導車について走り出す。
おもったより体が覚えていて 普通に走れた。
しかしフロントブレーキがまるで効かない。昔もこんなんだったけ?もう少し効いたはずだが。
その代りと言っては何だが リヤブレーキは普通に効く。
流石に900CCもあれば旧車といえども動力性能は充分。

しかし この個体なんだかヨレる感じがする。フレームの歪みと言った感じでは無い。おまけの試乗の後半軋み音が出始めた。
サスからでは無く 駆動系か?
なんとか 帰り着いて スタッフ(おそらくこれら旧車の整備をやっている人)に
「軋み音が出てますよ。」
「そうですか 昼の休憩時間に調べてみます。」
※ このZ1ベアリングにトラブルが発生していたようで 午後は試乗停止になった。

午前中は空いていたので そのままCB750に試乗。
さすがホンダ K0特有のアクセルの開け始めでの引っ掛かりを除いてはすごく乗り易い。
これなら 今でも日常的に乗れるかもしれない。
cb750.jpg

「Z1やCB750、カタナに乗れるよ!」
「えっ、じゃあ行く。」
友人に連絡。
この方 普段TX750に乗っているという ベテラン。
今日は仕事だったらしいが急ぎ仕事を片付けて(ほったらかして)しばらくして会場に到着。

この後も二人で乗り比べ。

私も午後 カタナ1100に乗った。
セパハンでかなりな前傾姿勢を強要される。
昔 カタナVに乗っていたことも有り その時の感覚を思い出す。
まだなんとか背筋で体を支えることが出来る。
ゴリゴリとした空冷4発のエンジンを開けたときの感触は格別。

充分楽しませてもらった。

友人と一緒に旧車担当のスタッフの方と話が弾む。

その後 ハーレーのスポーツスター883.1200にも試乗、会場から公道に出るところでチョット傾けたらいきなりステップを擦ったのには驚いた。
ドコドコ感は楽しいのだが 結局は直線だけのバイク。もう少しコーナーも楽しめると良いのだが。

アナウンスで地名を間違えたのでおせっかいに訂正して ついでにお話をしたスタッフの大阪弁のきれいなお姉さん。
その時は気が付かなかったのだが トークショーのゲストだったみたい。
道理で社員さんにしては垢抜けてると思った。


会場の隣では2017年中部ダンロップ杯オートバイジムカーナ大会第二戦をやっていて 妙技にしばし見とれる。
どうすればあんなにクルクル廻れるのだろうか。
jim.jpg
出場車はグロムから隼まで多種多様、ドカティやKTM等も。
出場者は14歳の女の子やその母親もいてアットホームな雰囲気。
しかし選手は真剣そのもので勢い余って転倒者も、女性の選手も多くGSX-R1000でクラスが上の男性を上回る女性もいた。

とにかく一日楽しませてもらいました。
来年 開催されたらまた行きます。
ダンロップさんありがとう。
あっ バイク王 さんも。
posted by sugi at 00:04| Comment(0) | バイク
検索ボックス