2017年08月09日

メモリーカードを踏んだ!

昨日持ち込まれたSDメディア。
「無くなったので探していたら翌日落ちているのが見つかった。パソコンで読めない。」

よく見ると何かで踏まれた形跡があり プラスチックが割れている。

僅かな傷のように見えるが実はこれは結構厄介なケース。
多くの場合 内部で断線している。

実際に調査してみると全くメモリーにアクセス出来ない。
何処かで断線しているようだ。

さてこうなると厄介なのがメモリー。
一見プラスチックの板のように見えて丈夫そうだが 実は薄いプラスチックを貼り合わせてあり 中には薄い基盤が入っている。

ちょっとした力を加えると 内部で基盤が折れ断線する。
そうなると 内部の構造にもよるが データ復旧は極めて困難になる。
※何が大変かはおいおい説明する。(様々なケースがあるので長くなる)

本件 そうしても必要なデータとのことで 次の段階に進むことに。
なんとかなればよいが。
sd.jpg
posted by sugi at 00:46| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年08月02日

パソコンの車検

「パソコンの点検、調整をお願いしたい。車に車検があるようにパソコンにも・・・・・・」
こんなメールを頂いた。

おくやま電脳工房はデータ復旧をメインの業務としてその他のサポートを行っているが 近くの方から様々な依頼もある。
今回もそんなケースで このユーザー様はパソコンが壊れるものだということを良く理解していらっしゃる。
※殆どの方はトラブルが発生するまでパソコンが壊れるものだということを想像だにしない。

特に この時期 急激な気温の上昇に伴って 今まではホコリが詰まってもなんとか動いていたパソコンがトラブルを起こしやすくなる。
丁度良い機会かもしれない。


「やらせていただきます。都合の良い日にご連絡下さい。」


パソコンの状態やデータに関して常に気を配るのは大切なことです。

パソコンの空気取り入れ口周りをよく見てホコリがついているようなら確実に除去して下さい。

自信のある方は筐体を開け CPUの冷却ファンやヒートシンクにのホコリが詰まっていないか確認、掃除して下さい。
自信のない方は 私共で確認・クリーニングします。
お問い合わせ下さい。
fun-dust.jpg
posted by sugi at 23:27| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年07月26日

200MBのハードディスク

200MBのハードディスクが持ち込まれた。
今時200GBのHDDも珍しいのに、その1000分の1 200MBです。
パソコン本体はPC-9821。
OSはMS-DOS。
hdd200mb.jpg
どうしてもこの機種(OS)上でしか動かないソフトが有るので 使っているとの事。
万一このパソコンにトラブルが発生すると 工場の機械を動かせなるとのことで 「なんとかして欲しい。」とのご依頼。
とりあえず 手持ちの一番小さいHDDにクローニング。(それでも30GB)
まず予備HDDが作れたのとディスクイメージを採れたので 一安心。

たしかこの頃のパソコンには4.3GBの壁があったはず。
※4.3GBを超えるHDDは扱えない(認識しない)

とは言うものの 200MB HDDのクローニングなので BIOSを騙せるかもしれない。
とりあえず 「テストしてみよう。」ということになった。

これが駄目でも 現在 他の案件でテスト中のVMwear上で稼働させることと、CF(コンパクトフラッシュ)との置き換えも可能性はある。
cf-ide.jpg
これらは今後の課題(テスト続行)。
posted by sugi at 19:16| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス