2017年06月14日

やっぱり中はホコリだらけだった----FAN付きHDD(温度チェック)

昨日 届いたデータ復旧ご依頼のIOデータの3.5インチ外付けUSBハードディスク。
筐体を開けてみると ご覧の通り内部はホコリまみれ。
幸いワタボコリはほとんど無く通風口を塞いではいなかったので温度上昇によるトラブルではなかったようだ。
hdd_fan.jpg
このHDDは冷却用のFANを内蔵しており熱に対しては比較的強いのだがその反面 ホコリを吸い込むという弱点がある。
また逆に 消音を謳った外付けHDDはFANを内蔵しておらずこれからの時期内部の温度が上がりやすい。
一般の人は外付けHDDのケースを開けることなどまず無い また温度に関しても無頓着だし 温度を測ることなど考えもしないだろう。
実はHDDは温度センサーを持っているのでソフトで温度を計測することが出来る。
フリーソフトであり 温度以外の状態も表示できるので インストールしてHDDの状態をチェックしておくのはトラブルを未然に防止する良い方法だ。
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/crdiskinfo/

crystaldiskinfo.jpg
posted by sugi at 12:48| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年05月24日

USB3.0の互換性 2

0USB 3.0対応のマイクロBプラグはUSB2.0のマイクロプラグの上位互換であることを書いた。
※ 因みにUSB3.0規格には2.0にあったミニというプラグは無い。
usb30.jpgusb30-2.jpg
Microに互換性があるようにスタンダードプラグにも上位互換性がある。
こちらは案外知られているようだが。
usb30-3.jpg
posted by sugi at 19:25| Comment(0) | パソコン基礎知識

2017年05月23日

USB3.0ーUSB2.0互換性

USB3.0も普及してきて外付けHDDはほぼ3.0に変わったようです。
私共にデータ用として送られてくるHDDも3.0がほとんどです。

最近私共の手違いもあってお客さんから添付されてきたUSB3.0のケーブルを返送し忘れました。
お客様とメールでやり取りをしているうち お客様がUSB3.0のminiケーブルがその機種専用の特殊なケーブルだと思いこんでいることが判明。
Buffaloの製品でminiUSB仕様でした。
パソコンショップでも目につきませんが よく探すと必ずあります。usb30mini.jpg

またUSB3.0という規格2.0の上位互換で インターフェースも実は互換性があるのです。
ですからUSB2.0として使うなら2.OのminiUSBのケーブルで使えます。
いわゆるスマホ用と言うやつで 百均にも有ります。
もし 手持ちのケーブルを無くしたら 2.0のminiケーブルを使ってみて下さい。
usb30mini-p.jpgusb30mini-1.jpg
posted by sugi at 23:37| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス