2018年04月09日

いい加減にしろ!!

またまた新手が来ました。

毎度おなじみ 詐欺メール。
今度はFC2。
fc2nise.jpg
「またか。」と思われるかもしれませんが 同様のメールが送られてきて 不安に思って検索してこのブログに辿り着いた方の安心のために書いておきます。

本来はもっとデータ復旧やパソコンのお役立ち情報を書きたいんですが・・・・・

当然ですが <<安心して>>無視してください。

この偽メール2月末ぐらいから出回っている模様です。
いくつか取り上げているサイトもありますが 全く同じ内容。
金額まで同じです。

間違っても 連絡など取らないように。

---------以下本文----------
開示ID番号
第1149201号
(〇〇@den-now.com)殿

下記、ご確認お願い申し上げます

・情報開示請求概要(プロバイダ責任制限法第4条)

開示関係役務提供者
株式会社エフシーツー
デジタルコンテンツ管理部

貴殿(〇〇@den-now.com)はFC2.comが管理するWEBapplication【ウェブアプリケーション】(インターネット上における電子商取引に基づいた有料サイト及び無料期間を設けた月額制サービス)ご登録後、無料期間終了後に正式な解約処理を行わないまま放置をされ
現在、利用料金を滞納している状態となっております。

電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿に対して利用料金のお支払については、再三のインフォメーション内の督促通知にてお知らせしていたにもかかわらず、支払いがなく、現在多額の延滞金が発生しております。
2018年4月8日現在
未納金総額
(【513,500円】 )
※遅延金等を含む
-------こんな処---------
posted by sugi at 16:10| Comment(0) | セキュリティ

2018年03月26日

ステルス化のすすめ

F35のことではありません。
Wi-Fiのステルス化のことです。

Wi-Fiは個人向けだけでなく企業でも使われています。
過去においては安定性、安全性のため企業内では有線LANが多く使われていましたが 簡便性を重視して無線LANが使われるようになってきました。
個人に比べ企業の場合 特に情報が漏れないよう注意する必要があります。

Wi-Fiは通常暗号化され最新の方式はWPA2です。
これにも脆弱性が有ることが問題となりつつありますが ともかく 現在一番安全な規格です。

とは言っても できるだけ用心するにこしたことはありません。
実際にWi-Fiの設定をしたことが有る人なら知っていると思いますが 親機(AP)から電波を飛ばした状態で 子機側の設定をしようとするとSSIDというのが表示されます。
つなぎたい親機のSSIDうぃクリックしパスワードを入力すると その子機(パソコン、スマホ等)は暗号化されて接続されます。
機器によっては親機のボタンを押すことで設定できる場合もあります。

ところで最近のWi-Fi機器は結構強力に電波が飛びますので 近所のWi-Fiの電波が飛び交っており何個ものSSIDが見つかることがあります。
もちろん パスワードがわからなければ繋がらないわけですが そのパスワードを解読する裏ソフトもあります。
悪意を持ってあるいは好奇心から自社のネットワークに繋がれてしまう恐れがあるのです。
通常はその機器の型番なのですが 中にはわざわざSSIDを自社名に変えているようなWi-Fiもあり 意図的に狙われる恐れもあります。

ステルス化というのは このSSIDを見えなくしてしまう設定です。
子機側から見ると”非公開のネットワーク”と表示されます。

こうしておくと 
このネットワークに繋ぐためには 正確なSSIDとパスワードを入力しなければなりません。
※正確にSSIDを入力すると初めて表示されるようになります。

つまり SSIDとパスワード、更にどの機種かもわからなくなり 安全性が増すというわけです。
企業なら少なくともこの設定にしておきましょう。
posted by sugi at 20:22| Comment(0) | セキュリティ

2018年02月21日

廃棄されたはずのパソコンからデータが・・・

何度か記事になっているが 廃棄するために業者に引き渡したPCからデータが漏洩することが有る。

「(よくわからないから)データの消去も含め業者に任せた。」ということのようだ。
業務として引き受けているわけだから 業者の責任であることは明白だが 引き渡す側も不注意だ。

「よくわからない。」、「パソコンやデータに詳しい人がいない。」
という理由なのだろう。
実はパソコン廃棄の時のことだけでなく 普段 セキュリティに関して考えていない ということが大きな問題なのだ。

安易なUSBメモリーの使い回し、私的なWebブラウズ、ダウンロード等。

やっている本人たちは全く気がついていない という事が恐ろしいのだ。
posted by sugi at 19:18| Comment(0) | セキュリティ
検索ボックス