2017年08月05日

FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心

パソコンだけではなく 外付けのHDD 特にNAS等には安価な機種でもファンが内蔵されるようになってきました。
長時間通電による熱の蓄積が問題となることにメーカーが気がついた結果だと思う。


しかしそれはそれで別の問題が発生する。
ファンによる空気の吸い込みは当然ホコリをも吸い込む。

それがファンや空気取り入れ口に付着することによりエアフローが阻害され それを当てにしている内部の冷却ができなくなってしまう。

特に気温が急に高くなると内部の温度=HDDの温度が高くなり 障害が発生しやすくなります。
HDDの温度が55度を越すと急激に寿命が短くなると言われています。(ネットを探したが明確なソースは見当たらず)

単体のHDDはパソコンと違って 壊れる前兆がわかりづらいので特に注意が必要です。
時々は見て 掃除をしておきましょう。

確実なバックアップをとることはお約束です。
hdd-dust.jpg
posted by sugi at 16:25| Comment(0) | パソコンの故障

2017年04月10日

POSTが上がらない

「ラインのパソコンが起動しなくなった。これがないと困るのでなんとか動かして欲しい。」
いつもご依頼いただいている企業様からの電話。
この企業様は製造業でラインの管理や監視用にパソコンを使っており 一般のベンダーの手に負えない案件は私共に依頼がくる。
製造機械は30年以上使われるのが当たり前。それに付属するパソコンはせいぜい10年。
この耐用年数の差がいつも問題となる。

今回も問題となっているパソコンは12年前のワークステーション。
HDDはSCSI グラフィックボードのインターフェースもDMS-59。
DMS-59対応のケーブルの手持ちが無いので急いで手配。
翌日到着。
DVI(Digital Visual Interface)に変換して液晶に接続がも画面真っ黒。
ボード自体はAGPだったので手持ちのボードに交換して見るもやはり画面は真っ黒。
液晶自体は電源オンで反応はするが”no signal ”の表示。

POST(Power On Self Test )が上がらない。
バックアップバッテリーを取り外して電圧を見るが 3V以上あり 交換しても変わらず。
メモリーを取り外してみても状況は同じ。
各コネクターを抜き差しして見るもやはり状況は変わらず。

液漏れまでには及んでいないが電解コンデンサーの膨張も見られ 残念ながらマザーボード自体のトラブルかBIOSが損傷しているようだ。
このシステムがそのまま稼働する必要が有るが、同等のワークステーションの入手も難しいようで とりあえず打つ手なし。

一般的なパソコンなら代替え機の入手も可能なのだが、
高価なワークステーションも古くなるとかえって厄介。
posted by sugi at 19:50| Comment(0) | パソコンの故障

2017年03月23日

工場のラインで使われているパソコン

「ちょっと急ぎのパソコントラブルが・・・・」
「また管理用のパソコンですか?」
「そう」
「トラブってからでは遅いので 一度工場のラインで使われている古いパソコンをリストアップしてバックアップを作っておいたらいかがです?」
「私にも全てはつかめていない。今回も本来の私の管轄下のコンピュータじゃないんですよ。
どうやら何回もそのご担当者さんから(工場の生産機器の)古いパソコンの修理依頼を受け なんとか対応をしているうちに其の方が社内で(古いパソコンの)エキスパートとされてしまったようだ。

まあ 私共にとってはありがたい話だが。

さて今回もなかなか厄介な状態なのでどうなるやら?
posted by sugi at 23:45| Comment(0) | パソコンの故障
検索ボックス