2014年03月09日

Windows7の再認証を要求された


今日自分のPCを使用していたら、突然画面に「入力したプロダクト キーは、このコンピューター上の Windows のライセンス認証に使用できません。・・・・・・・」
Windows7の もちろん正規のライセンスで、インストール後すぐに認証、アクティベーションをすませてある。

つい2.3週間前も作業用のWindows7で再認証を求められ 「おやっ」と思っていた矢先。

しかも 今回電話すると 自動応答ではなく、担当者につながれてしまった。

おもしろいのは 電話の自動応答の場合は keyを48桁電話機から入力させられ、再度48桁を入力しなければならなかったが、
人間(サポート担当)だと 最初の6桁のみで 新しいkey48桁を発行してくれる。

サポート担当に「何故?こうなるのか」と聞いてみたが、「何か環境の変化があったのでは」という返事、どうも歯切れが悪い。
確かに 今日グラフィックボードを追加したので、その所為にしておいた。

私の周りでも何件か発生しているようす。
中には メーカー製のパソコンで”Windowsが正規品ではない”というメッセージが出たものもある。
学校のパソコンで再認証を要求されたこともあったとのこと。

どうも 最近 再認証を要求されるケースが頻繁に起きているらしい。

MicroSoftが海賊版(中国製?)の横行に手を焼いて”チェックの内容を厳しくしたらしい”、
 とか
”認証サーバーのバグ”
だとか  いろいろ云われているようだ。

ネットで調べてみてもかなりな割合で発生しているようで、
ベンダーが企業にまとめて納品した後 
「入力したプロダクト キーは、このコンピューター上の Windows のライセンス認証に使用できません。・・・・・」と出て 問題となったケースもあるようだ。
※そのベンダーが正規品を納品していないのではと疑われたようだ。

以下は 推測だが 認証のチェックを厳しくした(ハードウェアの変更等に対してシビアになった)のと バグもあるように思う。

かわいそうなのはMicrosoftの認証電話担当とベンダーの担当者だな。

ユーザーからかなりクレームをつけられているだろうと思う。
あなた方が悪いんじゃないからね。
posted by sugi at 21:17| Comment(0) | MicroSoft
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス