2018年04月04日

一人暮らしの老人の安否

最近 老人世帯や独居老人が増えているようだ。
高齢者の場合 突然倒れる という不安もある。

そのため 地域の民生委員などが定期的に巡回したり ご近所の人が気をつけたりしているようだが病気などで倒れても 誰も気が付かないこともある。
発見が遅れ そのまま死に至るという痛ましい例も最近よく聞く。

ネットに繋がったポットなどのネット家電の使用状態から判断するシステムも有るようだがあまり普及しているようにも感じられない。
電流の消費量の変化などで見るわけだが 具体的にどうなっているのかまではわからない。
いくつかのシステムを調べてみたが はっきり言ってどれも感心しない。
本当に元気なのか 倒れているのか がはっきりわかるシステムがない。

近所でお父さんが一人暮らしされているご家庭がある。
娘さんは遠く離れて暮らしている。
(お父さんは)で車の運転もでき一人暮らしは十分できているのだがやはり心配。

お父さんの状況をリアルタイムで見たい(確認したい)という事でリビングルームにネットワークカメラを設置した。
最近のネットワークカメラはパン(左右移動)、チルト(上下移動)機能がついたものでも6千円ぐらいから有る。
あまり有名なメーカー製では無いが(はっきり言って中華製)とりあえず使えている。
この手のカメラは乗っ取られて外部からアクセスできる可能性があるなど 言われているが
本人曰く
「見られて困る場所には設置していない」との事。
それに加えて 使わなくなったipadをお父さん用に設定してある。
お父さん自身はスマホ等全く使えない人なのだが タブレットにアイコンを作って有りワンタッチで繋がるようにしている。

先日 民生委員の方が来られて娘さんに
「一人ぐらしのお父さんの状態をどのように確認していますか?」
と聞かれたらしい。
「これこれこうしてネットワークカメラと・・・・・ipadで・・・・・」
「完璧です。具体的にどんな機器でどのように設定したのですか?」

一見大変なように見えるが かかった費用はネットワークカメラの購入費ぐらい。
全て合わせても1万円はかかっていない。
※ もちろんインターネットは必須だが。

うまく工夫すれば 金をかけなくとも大手がやっているシステムより確実に 独居老人の安否確認はできる。
本当にこんな事が簡単にできるようになった。

インターネットはネットを見たりメールをやり取りするだけのものではない。
活用次第で生活が本当に便利になる。

そのためには ITリテラシーが必要になるが。
web_camera.jpg
posted by sugi at 18:40| Comment(0) | ネットワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス