2018年03月29日

暗号化されたパソコン

最近暗号化されたパソコンからのデータ復旧依頼が増えています。

近年大手企業の場合 情報漏洩防止の手段として暗号化されるのがほぼ常識となっています。

ところが暗号化は諸刃の刃で 何らかの障害が発生した時 データ復旧が 極めて困難になります。
流石に暗号化ソフトのメーカーも障害発生時の対策は考えてはいるようですが 考えられない状況で障害は発生するものです。
そのため ソフトメーカーの対応が必ずしもすべての障害に対して有効とは言い切れません。

このような場合 データ復旧後の復号作業は一筋縄では行きません。

1.どれだけ暗号化ソフトに対してノウハウを持っているか? 
2.ソフトメーカーが想定していない状況に対して どれだけ独自に対応できるか?
3.どこまで粘り強く対応できるか?
暗号化ソフトの復号はこれらの総合力で復旧(復号)できる割合が変わってきます。
また ご依頼を頂いた企業様にも様々なご協力(暗号化ソフトの情報等)をお願いしなければなりません。

言い換えれば お客様 私共で どこまで 真剣に対応するかの勝負とも言えます。

データ復旧業者のホームページで”暗号化対応”と謳っているところがあります。
ところが そのような業者で復号できず私共にご依頼いただくケースが多くなっています。
これが 暗号化されたパソコンの復旧依頼が増えている一因です。

”暗号化対応”を謳うなら もう少し ”ノウハウの蓄積”、”最後までやり遂げる粘り” が必要なのではないかと思います。
posted by sugi at 16:11| Comment(0) | データ復旧
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス