2018年03月04日

100MBと1GB

事務所も家もネットワークは100MBのままだった。

理由は
1.とりあえず問題はない(実用上特に遅いという感じはない)
2.100BMの機器があり 大元のHUB(16port)が100MBのままで買い換えるのもな〜
3.100MBでも実質30MB程度しかデータは流れていない
4.やり直すのが面倒くさい

たまたま 有る事務所内のネットワーク移設を頼まれたので 事前に機器の調査をして気がついたのだが 手持ちのノートPCが2.4Ghz でしかつながっていないことに気がついた。
(何年前の機器だ!というツッコミはなしで)

テストは当然5Ghz帯(802.11ac)でやっておく必要がありUSBタイプの無線子機をamazonで買った。
1,000円以下の安物だったので果たして大丈夫化?とは思ったが ドライバーが必要だったもののすんなり認識。
これで2.4Ghz 、5Ghz両帯域のテストができる。

自宅の環境でまずテスト。
2.4Ghz(802.11n)で約30M 、5Ghzに切り替えてみて驚いた なんと150Mも出ているではないか!

ふと気がついて自宅でメインで使っているデスクトップ(有線LAN 100MのHUBに接続)で調べてみるとやはり30M程度。
WiFiのノートの五分の一の速度だ。

余っていた無線LAN親機が有ったのでその有線HUBで接続し直してみた。
(無線自体はnまでなのだが有線HUBは1G対応)
180Mを越すではないか!
メールやブラウザーの反応も明らかに早い。

事務所の16portHUB早いとこ入れ替えよう。
posted by sugi at 16:22| Comment(0) | ネットワーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

検索ボックス