2018年07月20日

Check Pointデータ復旧(暗号化ソフトの例)

現在おくやま電脳工房のデータ復旧に関するホームページに手を入れています。
古くなった情報やその後状況が変わったケースなどを修正しています。

自分のホームページを改めて読み直してみると様々なケースやその時の状況を思い出します。

その中で改めて書いておくことで 何らかのお役に立てる情報をブログに紹介していきたいと思います。

Check Point Full Disk Encryptionデータ復旧(暗号化ソフト)のケースで復旧・復号に時間がかかった案件。

最終的には復旧・復号できたのだが 当初提供いただいた暗号ソフトの権限のレベルが低かった。
当初 提供いただいた管理情報では復号できないため 改めて情報システム部ご担当者様と連絡を取り管理者権限のある情報をご提供いただき無事復号・復旧できました。
Check Point等の暗号化ソフトの復旧ご依頼の場合 必ず管理権限のある情報をご提供ください。

暗号化されたPCやHDDの復旧・復号作業は 
まず通常のデータ復旧と同様の復旧作業が必要となります。
(症状に合わせて簡易レベルから重度障害まで様々です)

その後 暗号の復号作業にかかります。
この時点で初めてその復号情報が正しいかどうか分かるわけです。
言い換えれば 通常のデータ復旧が終わらなければ 復号作業は始まらないのです。
そして復号がうまく行かなければデータ復旧そのものは失敗ということになります。
結果 今まで行ってきた復旧作業は無駄になります。当然 作業費用もいただくわけには行きません。

情報システムご担当者様でも暗号化ソフトに精通している方はまずいません。
状況を説明し、ご理解いただいて 暗号ファイル解読に必要な情報を提供いただくだけでも相当な労力が必要です。

暗号化されたPCのデータ復旧は手間がかかる上に割が合わない事が多いのです。

Check Pointに限らず データ復旧に関する様々な事例を公開しております。
データ復旧でお困りの方の一助となれば幸いです。
https://www.den-now.com/pc-otasuke8.html
posted by sugi at 10:27| Comment(0) | セキュリティ

外付けHDDの選び方 2

信頼性の高い外付けHDDはどこの製品か?

昔は結構メーカーや製品、ロットによって障害発生率の高いものがありました。
中には とても完成品とはいえないようなものや 撤退した日本のメーカーの技術者を集めてHDD製造に参入したものの とうとうまともなものを作れないまま撤退したメーカーも有りました。

今 市販されているものは 様々な試練を経て生き残ったメーカーばかりですので信頼性に大差はないように思います。

外付けHDDを選ぶ基準として HDDメーカー自身が作っている外付けHDD製品を選ぶというのも選択肢としては悪くありません。

内蔵するHDDの特性、問題点に関して一番詳しいわけで、またそれに合わせた筐体(外付けケース)を作れるからです。
最近ではコネクターとしてSATA経由でなく HDD自体の基盤に直接USB3のコネクタが付いているものもあります。
posted by sugi at 00:34| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス