2018年07月13日

トドメを刺す

「ちょっと伺いたいんですが。safubootなんですが。」
昨日 新潟県上越市から電話をいただきました。
大手通信機器メーカーさんのグループ会社のようだ。
「実はやってはいけないことをやってしまいまして。」
「どうしました?」
「MBRを修復してしまったんです。」
「ためですね。復旧できません。」
「実はいろいろな業者さんに電話をして聞いてみたんですが、『キーファイルが有れば復旧できる』というところと、『だめだ』という業者があって本当にだめなのか決断がつかないんです。
御社のホームページ、ブログ読みました。どうやらだめらしいとう言うことは分かっていますが どうしようもないもんなんでしょうか?」
「Safebootやsecuredocのようなタイプの暗号化ソフトはユニークなブートレコードを持っており、それがわからなくなると決して復旧はできません。
この状況で『キーファイルが・・・』というのは意味がありません。おそらくその業者さんは暗号化されたものを扱ったことがないでしょうね。」
「要するに 駄目なら駄目で 諦めがつけたいんです。」
「わかりまた。はっきりいいましょう。復旧できません。」
「わかりました。これで諦めがつきます。商売にならなくて申し訳ありません。ありがとうございます。」
「また何かお困りのことがあれば まず私どもに連絡ください。」
「そうします。」

どうも最後におくやま電脳工房に連絡してきて”諦める”というパターンが良くあります。
最初に連絡をくれればなんとかなったケースもあります。
そのためにも SEOをもっと頑張って検索結果でおくやま電脳工房が上位に来るようにしなければならない。

しかし だめなものをだめとお客様に納得させられない業者ってなんなんだろうと思う。
posted by sugi at 15:25| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス