2018年06月06日

産業用機器のコントローラー

しばらくブログを更新していなかったことに気がついた。
まあ5月はゴールデンウイーク以降 大阪行きや 商工会の研修旅行、更にホームページのSEOが手間取ってあっという間に6月になってしまった。

ご依頼もそう多くはなかったが 暗号化されたもの等 ややこしいものがいくつか有った。
また久々にお得意様から産業用機器のコントローラーであるパソコンの復旧依頼も頂いた。
この企業様は 大手の製造業様で製造機器のコントローラーとして旧タイプのパソコンが何百台か可動しているようだ。
前にも書いたが 産業用の製造機械は30年以上使われるのが当たり前で 中には50年をこすものも在る。
その制御はパソコンが行っているのだが 物によっては30年前のパソコンなわけだ。
当然 代替え機はない、パーツはない そのパソコンが動かなくなれば1千万円以上する産業機器が動かなくなってしまう。
担当の方は これらの古いパソコンの面倒を見るのが重要な仕事になっている。

今回ご依頼いただいたのは80GBの2.5インチIDE(パラレル)ハードディスクが内蔵された専用機でOSがWindows2000pro enbedded。
まだマシな方だ。

ただ問題なのは 「そのまま起動できるようにしてほしい」とのご依頼。
データ復旧の過程でクローニングは可能かもしれないが もしシステムファイルが壊れていた場合(データ復旧はできても)起動できるようにならない。
担当者様にその旨 伝えたところ 
「データが取れるだけでも良い」とのことであったので 再起動可能 を目指して データ復旧をお受けすることとなった。
posted by sugi at 15:12| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス