2018年05月22日

液晶ディスプレイの不良

最近 私の周りで「画面が真っ黒になって何も映らない」と言うケースが何件か発生。
まあ 液晶ディスプレイの故障なんだが 今のパソコン 画面が見えないと何も出来ない、正常に起動しているかどうかもわからない。
液晶ディスプレイも最近は安くなって 特に高画質 大画面を望まなければ一万円以下で買えるものもある。
それでも20インチはあるのだから恐れ入る。
しかしその反面 寿命が短いような気がする。
先日 ヘルプコールをもらったお客さんも買って2年ぐらいしか経っていなように思う。
保証期間外とは言えもう少し信頼性が欲しい。

液晶画面が壊れると何も出来ない。(業務で使う場合)ユーザー側でも(液晶ディスプレイだけでなく)パソコンを信頼し切るのではなく常に予備の手段を確保しておくことをおすすめする。
要するにもう一台準備しておくこと。
万一のトラブルでも業務を中断することが無くなる。

更に良いのはもう一台のパソコンを用意しておくこと。
通常デスクトップを使用しているならノートPCでも良い。

幾らか使い勝手が異なるかもしれないが それでも業務が中断しなくなることのほうが大きい。
なお メールは普段から両方で受けられるように設定しておく事。
posted by sugi at 23:24| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス