2018年05月10日

暗号化パソコンのジレンマ(データ保護とデータ喪失)

最近 とくに暗号化されたパソコンからの復旧の依頼、問い合わせが多い。
https://www.den-now.com/pc-otasuke5.html

Endpoint Security Media Encryption(Check Point)、SecureDoc Disk Encryption、秘文 Cloud Data Protection(秘文CP)、秘文AE あたりが主流だろうか?
もちろんこれ以外にも沢山の種類が在るが あまりお薦めしない。

暗号の強度という意味では 最近のものは強固でどれを使っても大差ないように思う。

後は使い勝手(管理も含め)とトラブルを起こした時(起動できない等)にどれだけ対応できるかが大きな問題と成る。
基本的に企業での使用となるわけだから 万インチの場合のデータの漏洩を防ぐと共に トラブル時にデータが無くなっても困るわけだ。
実績の無い暗号化ソフトだと トラブル発生時にデータを無くす危険性が高い。

そんな意味で導入するなら 有名どころを選ぶべきだろう。

「個人で使うから フリーのもので良いや」
これは絶対におすすめできない。
先にも書いたように 暗号化の強度は多分 企業向のものと大差ないだろうが、トラブル発生時にデータを無くす危険性が極めて高くなる。
「そんな事言ったって 個人だから(有償の)ソフトなんか買えない。」
そう思うなら 暗号化などやめたほうが良い。

どうしても 人に見せたくないなら他の方法を考えてみてください。

今やっている ”デジタル遺品整理”も Windowsにパスワードが設定されているぐらいなら どうでもできるが 暗号化されているとどうしようもないのだ。
posted by sugi at 17:12| Comment(0) | セキュリティ
検索ボックス