2018年03月26日

ステルス化のすすめ

F35のことではありません。
Wi-Fiのステルス化のことです。

Wi-Fiは個人向けだけでなく企業でも使われています。
過去においては安定性、安全性のため企業内では有線LANが多く使われていましたが 簡便性を重視して無線LANが使われるようになってきました。
個人に比べ企業の場合 特に情報が漏れないよう注意する必要があります。

Wi-Fiは通常暗号化され最新の方式はWPA2です。
これにも脆弱性が有ることが問題となりつつありますが ともかく 現在一番安全な規格です。

とは言っても できるだけ用心するにこしたことはありません。
実際にWi-Fiの設定をしたことが有る人なら知っていると思いますが 親機(AP)から電波を飛ばした状態で 子機側の設定をしようとするとSSIDというのが表示されます。
つなぎたい親機のSSIDうぃクリックしパスワードを入力すると その子機(パソコン、スマホ等)は暗号化されて接続されます。
機器によっては親機のボタンを押すことで設定できる場合もあります。

ところで最近のWi-Fi機器は結構強力に電波が飛びますので 近所のWi-Fiの電波が飛び交っており何個ものSSIDが見つかることがあります。
もちろん パスワードがわからなければ繋がらないわけですが そのパスワードを解読する裏ソフトもあります。
悪意を持ってあるいは好奇心から自社のネットワークに繋がれてしまう恐れがあるのです。
通常はその機器の型番なのですが 中にはわざわざSSIDを自社名に変えているようなWi-Fiもあり 意図的に狙われる恐れもあります。

ステルス化というのは このSSIDを見えなくしてしまう設定です。
子機側から見ると”非公開のネットワーク”と表示されます。

こうしておくと 
このネットワークに繋ぐためには 正確なSSIDとパスワードを入力しなければなりません。
※正確にSSIDを入力すると初めて表示されるようになります。

つまり SSIDとパスワード、更にどの機種かもわからなくなり 安全性が増すというわけです。
企業なら少なくともこの設定にしておきましょう。
posted by sugi at 20:22| Comment(0) | セキュリティ
検索ボックス