2018年03月24日

やはりRAID0だった

8年ぶりのお客様から送られてきた Linkstation LS-WX1.0TL/R1。
なんとなく見覚えのあるお名前だなと思って過去の記録を調べてみるとなんと8年前にデータ復旧させていただいたお客様。
8年経っているということは とりあえずその間トラブルは発生していなかったということか?

ただこのNAS 500GBのハードディスクが2個入ったRAID。
「RAID0(スパニング)ですか?RAID1(ミラーリング)ですか?」
「人に設置してもらったのでどちらかわからない。」
とりあえず片方の磁気情報抽出、ファイル生成。
小さな容量のファイルは復元できているが 大きなものや画像は全滅。

「残念ながらRAID0だったようです。」

ということで 本格的復旧へ移行。

この当時のものは出荷時 RAID0に設定されています。
※見かけ上の容量が大きくなるため

もし使っている方がいたら (データを退避させて)RAID0(ミラーリング)に設定し直すことをお勧めします。
いや それより すでに数年以上経っていますから HDDの定命が先かもしれません。

このブログを読んだ方は 何かの縁です。新しいものに入れ替えることをお薦めします。
posted by sugi at 18:53| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス