2018年03月22日

Category5

最近 自社の事務所を始め あちこちでネットワークを構築 あるいは再構築する事が続いている。
前にも書いたように 100Mbと1Gbの速度差(測定値のみならず体感値)には圧倒されている。
「どうせ最大値なんかでないから100Mbでも1Gbでも大差ない。」と思っていた自分が恥ずかしいぐらいだ。

新しくネットワークを構築しても元々有ったケーブルを使うことがあるが ケーブルの規格をよく調べて見る必要がある。
Category 5 では 100Mbを越せないどころか認識すらしないケースも有るようだ。

最低でもCategory5e 通過する周波数を顧慮するとCategory6以上が良いだろう。
また 古いケーブルは異常に硬いことが有り コネクターに横向きの力がかかり端子の接触不良を起こし通信ができなくなったり不安点になることも起きている。
ネットワークを再構築する場合 ケーブルの規格を確認するとともにできるだけ柔らかいケーブルを使うことをお薦めする。

ネットワークのトラブルの多くは実につまらない原因で起きている事を見てきている。
posted by sugi at 23:58| Comment(0) | インターネット全般
検索ボックス