2018年02月02日

復旧中止

復旧不能の案件はいつも書いているが今回は復旧中止。
他社(HDDメーカーを含む)さんで何件か断られた方。
最後の望みをかけて私共にお問い合わせを頂いた。

もちろん 復旧不能の可能性は高い ということ 復旧できても相当な費用が発生することはお伝えした。

お申し込みいただいた時点で 開封並びに高度解析のご承認は頂いた。

開封前の調査で 磁性体剥離の可能性が高いことが判明。
このようなケースでは復旧できることも有るが復旧不能の可能性が高く 作業費用もかなり高額になる。
いや 復旧不能の可能性が極めて高いと言ったほうが良いだろう。
もちろん開封調査後 復旧可能であってもキャンセルしていただくことはできるが 開封費用が発生してしまう。

その為 開封検査までの承認は頂いていたが 念のため 状況ををお知らせした。

お客様の出されて結論は
「開封調査費用はかまわない。ただ復旧できた場合の作業費用が予算を上回るので中止したい。」

何度も言っているように データの価値はお客様しか判断できない。
高いと思えば キャンセルしていただけば良いこと。

この方はラボの調査費用だけを頂いてキャンセル扱いとさせていただいた。
posted by sugi at 17:12| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス