2018年01月27日

今日も凍っていなかった

昨日に引き続き 湯沸かし器の中を完全に水に入れ替えておいたら 朝 無事にお湯が出た。
やれやれ

気温というのは様々なものに影響を与える。
ほんの少し下がっただけで バッテリーの起電力が下がったり化学反応に大きな影響をあたえるようだ。

パソコン 特にHDDは気温の影響を受ける。
HDDの温度が55度を越すと故障率が2倍になると言う報告があるが 気温が低くても壊れるようだ。

また 何日も室温が低い場所に置かれていたHDDは部屋を暖めないで電源をいきなり入れると起動時にオイルが固まっているため流体軸受が機能せず金属同士囓ってしまって壊れることがある。
そうなると 振動が発生し 多くの場合データの復旧はできなくなる。

温度が高くてもダメ 低くてもダメ ハードディスクはデリケートなのだ。
hdd_hitachi35.jpg
posted by sugi at 23:48| Comment(0) | パソコン基礎知識
検索ボックス