2018年01月11日

磁性体粉による磁気転移

またまた復旧不能の場合の話です。

磁性体剥離の話は何度か書きました。
要するにヘッドがプラッター表面に塗布されている磁性体を削ることです。
磁性体剥離という言葉を使っていますが磁性体が剥離するのではなく削り取ると言った感じでしょうか?
これは外的な衝撃に拠って発生することが多いようですが 何の前触れもなく突発的に発生することもあるようです。
磁性体を削ってしまうわけですから 削られて磁性体上に記録されていた情報は消失してしまいます。
データ復旧すべき元の磁気情報が消失するわけですから当然データ復旧など出来るはずもありません。
この磁性体剥離で怖いのは 粉末となった磁性体がHDDの内部全体に付着することです。
ヘッドとプラッターの間に入り込めば更に磁性体に傷を付け障害を広げますし 磁性体粉は磁気を帯びていますから正常な磁性体に付着すると磁気の転移が起こり正常な部分の情報を壊してしまいます。
一般にデータ復旧は急いでやらなくとも(何年か後でも)可能なのですが磁性体の粉が全体に広まってしまった場合のみ 早急な復旧作業が必要となります。

磁性体剥離は開封しなくともある程度は推察出来ますからどうしても 大事なデータで怪しい物は後日復旧するにしても開封確認しておく必要があるかもしれません。
posted by sugi at 23:39| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス