2018年01月10日

百均の電池

ちょと欲しいものが有ってセリエ(百均)に行った。
家電関連のコーナーで日本製と明記したアルカリ電池を見つけた。
通常百均で売っているアルカリ電池は 無異名ブランドの中華電池か 国産ブランド(三菱、富士通=FDK)だと インドネシア製となる。
もっともパナソニックのアルカリ電池も低価格品はタイ生産らしいが。

日本製という文字が気になったので買ってみた。
単3、単4とも4本で108円。
IMG_4909.JPG
IMG_4910.JPG
買って帰って調べてみるとどうやらマクセル製らしい。
ご丁寧にこれを含めてアルカリ電池のテストをしているサイトを見つけた。

どうもこの電池 高負荷に弱いらしい。
ちょっと残念。

ただこのサイトを含め 百均の電池の比較テストをしているサイトはいくつか有って 単に電池の持ちだけを見ると中華バッテリーも馬鹿には出来ない。
中には 定番の”金パナ”を上回る性能の電池も有るようだ。
普通に使うには中華電池で充分なようだ。

ただし一つ注意しなければいけないのが これら安い電池は液漏れがしやすい傾向があるようだ。
経験した方もあると思うがアルカリ電池が液漏れを起こすと腐食等で機器に大きなダメージを与えることが有る。

前に「CR-78のニッカドの液漏れが・・・」という記事を書いたことが有るがまああんな状態になると考えてもらうと良いだろう。

頻繁に電池を交換するような使い方(懐中電灯等)は中華バッテリーで充分なようだが 長期間使用する(入れっぱなしにする)リモコンや無線マウスなどは少々高くても国産めーかーのものを使うと良いのかもしれない。
まあ国産電池でも液漏れを起こすことは有るけれど。
posted by sugi at 18:38| Comment(0) | 日記
検索ボックス