2017年08月05日

FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心 FANの付いた機器はご用心

パソコンだけではなく 外付けのHDD 特にNAS等には安価な機種でもファンが内蔵されるようになってきました。
長時間通電による熱の蓄積が問題となることにメーカーが気がついた結果だと思う。


しかしそれはそれで別の問題が発生する。
ファンによる空気の吸い込みは当然ホコリをも吸い込む。

それがファンや空気取り入れ口に付着することによりエアフローが阻害され それを当てにしている内部の冷却ができなくなってしまう。

特に気温が急に高くなると内部の温度=HDDの温度が高くなり 障害が発生しやすくなります。
HDDの温度が55度を越すと急激に寿命が短くなると言われています。(ネットを探したが明確なソースは見当たらず)

単体のHDDはパソコンと違って 壊れる前兆がわかりづらいので特に注意が必要です。
時々は見て 掃除をしておきましょう。

確実なバックアップをとることはお約束です。
hdd-dust.jpg
posted by sugi at 16:25| Comment(0) | パソコンの故障
検索ボックス