2017年08月23日

USBメモリーの問題 USBメモリーの問題

何度も書いているテーマで 昨日も書きましたが USBメモリーがほんとうに必要かどうか良く考えてみて下さい。
特に大事なデータ(個人情報等)を入れて持ち運びしないで済む運用方法を考えましょう。
暗号化することでデータを保護するのも安全対策の一つの方法ですが 昨日書いたように 逆にデータを失う危険性をはらんでいます。
更に USBメモリーはその原理、物理的構造にも大きな問題が隠れています。

私自身 以前はUSBメモリーを結構使っていましたが 最近は持っていてもほとんど使うことはありません。
「使わないのになんで持っているのか?」と聞かれそうですが、出先でサポート業務を行った場合 どうしてもその場でデータを移動させなければならないことがあるからです。
もしお客様のデータがどうしても検証用に必要な場合は転送します。(必要に応じて暗号化したり セキュアサーバーを使います。)

クラウドが安心か メール添付やサーバー経由の転送が安心か という議論もあるかとは思いますが 少なくとも 落とす、あるいは置き忘れる、盗まれる という心配はなくなります。

何れにせよ データ(特に個人情報や顧客のデータ)は慎重に取り扱う必要があり、想定外のことが起きてもデータを守れる方策は必要です。

ちょっとしたデータを持ち運ぶには 確かにUSBメモリーは便利です。
しかし便利なものには 大きな問題が隠れていることを十分認識して下さい。
usbx3.jpg
posted by sugi at 00:25| Comment(0) | メモリー

2017年08月22日

セキュリティ機能付きのメディアは要注意

「5回パスワードを間違えるとロックがかかります!(だから安全)」こんなキャッチフレーズで販売されているUSBメモリーが有ります。
セキュリティ付きUSBメモリーはだいたい似たような設定になっているようです。と言うより似たようなロックシステムを採用しています。
確かに何回かパスワードを入力し損なうとロックが掛かり メモリーが読めなくなります。(データの入っている領域にアクセスできなくなります。)

どうです。安全でしょう。
では 自分自身がうっかり パスワードを間違えてしまった場合(例えば大文字と小文字、数字を入力し損なう等)どうなるかご存知ですか?

「自分自身(のメモリー)なのだから なんとか中のデータは見られるだろう。」と思ったら大間違い。
自分自身でも二度と解除できなくなります。

どうです 怖くありませんか?
つまり自分のデータに二度とアクセスできなくなるのです。

特に 安易にパスワードを決めていたり 適当に数字を付け加えていたりすると
「あれ 間違えたか」と何度かやっているうちにすぐに規定の回数に達してロックされてしまうのです。

普段から常にバックアップを採る等 データを守る手段を講じておかないと大変です。

もっとはっきりいうと (セキュリティも含め)USBメモリーでデータを持ち運びするべきではありません。

クラウド化する、リモート接続する等 データを持ち歩かない方法を考えましょう。
posted by sugi at 23:14| Comment(0) | データ復旧

2017年08月21日

家庭用のブルーレイレコーダーに撮影したビデオを入れてはいけない

「ブルーレイレコーダーが壊れて メーカーに問い合わせると『データが消えます。』と言われたんですが・・・・・。データ取り出せますか?」
かなり悲壮な声で電話がかかってきた。
お近くの方らしい。
「データ復旧は出来るかもしれませんが 再生は出来ないでしょう。民生用の録画機器は(テレビ放送の)著作権保護のため 暗号化されており たとえ同一機種であってもデータの再生は出来ません。」
「・・・・・そうですか・・・・・・」

自分で撮影した動画は決して家庭用の録画機器(ブルーレイレコーダー、DVDレコーダー)に移してはいけません。
移した途端(自分のデータ=著作権無し)にも関わらず データ保護されてしまい 自由に再生(コピー)できなくなってしまいます。
データ(動画)の保管は必ずパソコンで!

この話 何度か書いてるんだけどな!
posted by sugi at 22:52| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス