2017年07月05日

どのように技術が進歩しても復旧できないデータはあります

ご依頼を頂いて現在データ復旧中の案件。
簡易レベルでファイルやフォルダーは抽出できるのだが ファイルの破損が多い。
その旨をお伝えして 更に上位の専用機器による復旧工程に掛けることになった。

その結果が出てきたが やはり破損ファイルが多い。
リストを作成し、お客様に提示、その中でほんとうに必要なファイルを指定してもらった。
指定されたファイルを確認すると 残念なことにすべてのファイルが破損している。
本件 最終的には復旧中止(復旧不能)扱いとなる予定。

ファイルが破損している場合 その原因の多くを占めるのはデータの上書き。
同じファイル名で保存してしまうと 一見まともなデータのように見えて データ自体が変質しており ソフトで開けない状態になってしまう。
内容によっては データ一部を取り出せることも有るのだが 今回のファイルは無理なようだ。

過去に メモリー上のWORDファイルの復旧依頼を受けたケース
WORDでは開かないファイルをダンプエディターで読み込み その中からテキストファイルを拾い出し 不完全な形ではあったが復旧に成功。
この件では お客様に本当に喜んでいただいた。

データとして復旧(抽出)出来ても 元となる磁気情報自体が壊れていると多くの場合有意のデータとしては取り出すことは出来ない。
こんなケースも結構あることも ご理解ください。
posted by sugi at 19:39| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス