2017年07月02日

スズキの試乗会に行ってきた

愛知県 スパ西浦サーキットで行われたスズキ ファンRIDEフェスタ 2017 に行ってきた。
http://www1.suzuki.co.jp/motor/event/index.php?job=detail&event_id=47&schedule_id=239

2017年モデルの各車に試乗できるイベント。
今回の目的はGSX-S750とGSX-S1000を乗り比べること。
この2台 最近気になっているモデルで結構人気がある。
と言っても 人気があるのはS1000の方。

日本では1975年から教習所で取れる二輪免許は400CC未満に限定され 400CC以上の大型に乗るには限定解除する必要があった。
これは運転免許試験所で受ける以外に限定解除する方法は無く 1%以下の合格率と言われた。
その後 外圧(ハーレー・ダビッドソンやBMWモトラッドから非関税障壁であるとされた)で教習所でも大型免許は取れるようになったが
400CCまでの普通二輪免許と大型二輪免許の2つに別れ大型二輪免許を取得すれば400CC以上のバイクに乗れる。

大型二輪免許を取った人は「せっかく大型二輪免許を取ったのだから」と 1000CCクラスの目が行ってしまう。
その為大型バイクは1000CCもしくはそれ以上が主流となり、昔 あれほど騒がれた750CC(ナナハン)クラスは不人気となってしまった。

わずか250CCの差ではあるが 実際にバイクになってみると大きな差がある。
日本の道路状況では1000CC(通称リッタークラス)はやや持て余し気味、運転技術の高いベテランでもその能力を使い切れない。
最近ようやく中間排気量(と言っても750CC前後)が日常的に扱いやすいクラスとして認識され始めてきた。
とは言うもの 「どうせ買うなら大きいバイク」(金額的にはそれほど大きな差はない)という意識も強い。

そんなこんなで 750CCクラスの試乗をしたくとも試乗車がなかなかない。
今回 750CCと1000CCの両方を同時に乗り比べることが出来るというチャンスだ。

そんな訳で7時過ぎに家を出て浜松から愛知県まで行ってきた。

両方乗り比べることが出来 車体サイズや重量がほとんど同じにも関わらず750の方が楽しめそうなことがわかった。
(思い切ってアクセルを開けられる等)

最近 バイクが売れないことも有り 様々なイベントや試乗会が行われているが ありがたいことだ。
今回 参加無料の上フリードリンクというありがたい条件。
まあ こんだけ暑かったから 水分を十分取らないと熱中症で倒れる人が出たかもしれない。

スズキさん ありがとう。
とても楽しめました。
suzukifanride1.jpgsuzukifanride2.jpg
posted by sugi at 23:37| Comment(0) | バイク
検索ボックス