2017年06月05日

ファームウェアが一致すれば基盤交換はできるのか(ネット情報の嘘)

「基盤交換」ではデータ復旧が出来ないことを ホームページやブログで散々書いてきました。seagate_fw.JPG

私共が発信した情報だけでとは言いませんが データ復旧しようとした場合 「ファームウェアが一致しないとHDDは正常に動かない。」ということは知られてきたようです。
ホームページやブログなどでそのことを書いている人も結構います。

ただ 殆どの人が勘違いしているのは 「ファームウェアが同じなら正常に動作する(基盤交換できる)」と思い込んでいることです。
正確には 「ファームウェアが異なると正常に動作できない。」のであって「ファームウェアが同じなら動作する。」ではないのです。

こう書くと 「どう違うのか?」と思う人がほとんどでしょう。

実はファームウェアが一致しても同じ動作をするわけではないのです。
最近のファームウェアは昔と異なり パラメーターに少し幅を持たせられるようになっています。
HDDはファームウェアだけでなく(ヘッドやヘッドアンプに代表される主要な部品)もロットごとに異なることがあります。
ファームウェアはそのパーツのパラメータの幅を読み込んで吸収できるような作りになっています。
その為 ロット違いで使用されているパーツが異なるとファームウェアが一致してもパラメーターが異なることになります。

そのことを知らないで同一機種の基板に ファームウェアのROMを載せ替える豪の者も出てきます。
残念ながら 私が知っている範囲では(相当広範囲だと思っていますが)このようなファームウェアの載せ替えやファームウェアだけが一致する基盤に載せ替えて正常に動作したケースを見たことがありません。

しかし ネット上には「ファームウェアが一致すれば良い」と言うような記事も多くみられます。
このような記事を書いている人の中で一人でも正常動作させられた人がいるでしょうか?

おそらくいないだろうと思います。

「一致すれば動作する」と思い込んでいる人が(自分では検証もせず)嘘の情報を拡散しているのは困ったことです。

もう一度いいます
「ファームウェアが一致しないと動作しない」と「一致すれば動作する」は全く意味が異なるのです。

ネット上には有益な情報はたくさんあります。
私共もそれら情報に助けられることは多々あります。

しかし 重要なことは
1.情報を鵜呑みにしない。
  特に うまく言ったと自慢している情報は眉唾(まず疑う)
2.その情報が正しい(らしい)か判断できる知識、ノウハウを持っていること。
  日々の努力と広範囲の情報収集能力、判断力が問われます。
3.自分で検証していない情報は流さない。
4.情報の利用は全ては自己責任。
ということではないでしょうか?

知りたい情報をネットで探して それに対する記述(特に自分の望んでいる結果)が見つかると 信じたくなります。
しかし 自分の欲している情報で有れば有るほどほど まず疑ってみる 慎重さが必要です。

posted by sugi at 19:44| Comment(0) | データ復旧
検索ボックス